Te Wero跳開橋2

一次コンペが終わり、ニュージーランドの設計事務所やイギリス、オーストラリアのコンサルタントと国際チームを組んで臨んだ最終審査 案。




チーム内に庭園デザイナーが居たこともあり、橋とTe Wero島を一体としたデザインに進化しました。当初はカーボンファイバーを素材として考えていましたが、予算を考慮して鉄に落ち着いています。

【設計】 橋本建築スタジオ+Pete Bossley Architects+TILT Group
【発注者】 City of Auckland, New Zealand ニュージーランド、オークランド市